新卒採用

「この会社なら、仕事を楽しむことができる」と思えた。

高校時代に化学の先生の人柄や教えに感銘を受け、化学に強い興味を持つ。
さらに深く学びたいという思いから、大学ではナノ物理化学を専攻。
社員の会社に対する情熱に惹かれて、ゼンショーに入社。

PROFILE

氏名 畠山 和也
入社年度 2007年
専攻 理工学部 応用化学科卒
部署 グループ技術本部

グループ技術本部の使命は、生産性向上のための技術革新。

テストキッチン、機器開発実験のための拠点…他社にはない施設がたくさんあります。

大学ではナノ物理化学を専攻し、フラーレン(炭素原子で構成されるクラスター)の研究など、基礎研究に近いものを中心に学んでいました。
就職活動では、飲食店でのアルバイト経験から、食に関わる会社への就職を希望していました。開発関係の職種なら大学で学んだことが活かせると考え、ゼンショーのほかにいくつかの食品メーカーにもアプローチをしていました。
その中でゼンショーに惹かれた理由は、選考のスピードや連絡などのレスポンスの早さ、何より社員の方たちの会社に対する情熱を強く感じたからです。
一緒に選考を受けた人の中には、大学院まで進学し、専門的な知識を深めてきた人も多く、気おくれのようなものを感じていましたが、“負けたくない”という気持ちもあり、面接では主体的に学習する姿勢をアピールしました。そんな私の熱意が通じたのか、無事内定をいただくことができました。
 
入社後は、店舗で営業を経験した後、現在も所属するグループ技術本部に配属されました。
グループ技術本部は、店舗や工場オペレーションの効率化、利便性の向上のために、自ら起案し革新していくことを使命としている部署です。店舗で使用する厨房器具・工場の食品加工機械の開発、そして店舗運営に関わる各種のシステムづくりに取り組んでいます。
現場に足を運び、『何か改善できることはないか』という観点で業務を見つめ、必要と思ったことはすぐに起案します。必要とする機器が市販されていなければ、自社で保有している作業所で実験し、自社独自のものをつくることも少なくありません。『こういうことに困っている』という現場の声に応えることもありますが、こちらから起案していくことが基本です。

ワンフロア・マネジメント推進のためのツール、“IPカメラ”の導入。しかし、そこには思わぬ壁が。

器具の使い勝手や効率的な動線の検討などは、現場に足を運んでみないとわからないもの。今でも、現場には折りを見て足を運んでいます。

これまで携わった仕事の中から、印象に残るプロジェクトの話をご紹介します。
 
発端は、2012年。私が入社した当初から、社長は本部と各店舗が連動した「ワンフロア・マネジメント」という考え方を提唱し推進していました。
「ワンフロア・マネジメント」推進のひとつの手段として、防犯カメラのデジタル化がグループ技術本部内で検討されおり、そのプロジェクトメンバーとして私も参加することになりました。
デジタル化の方法としては、IPカメラの導入が候補としてあがりました。IPカメラは画質が鮮明なため、防犯効果の向上はもちろん、店舗で働くスタッフの細かなオペレーションや、調理器具・食材などの設置場所を改善するためのツールとしても期待できるものでした。
 
しかし、従来のアナログカメラに比べIPカメラは価格が何倍にもなり、導入は時期尚早という意見が大半でした。その後、割安な価格でIPカメラを提供していただけるメーカーと出会い、導入への期待が高まりました。
が、結果は見送り。提案した企画はハードウェアのみに関してまとめており、画像を伝送するためのインフラ回線への考慮がありませんでした。高画質になれば多くの通信が必要になるので、専用線がパンクし、店舗運営が混乱する可能性がありました。
 
プロジェクトは一からIT担当部署とグループ技術本部で改めて連携を強化し、再度企画を練ることとなりました。

現場の想いに、いかに応えていくか。プロジェクトを通じて、辿り着いたスタンス。

現場主義に徹することが重要。それが、お客様の喜びにつながると思います。

「インフラ回線の負荷をどう解決するか」、課題は明確でした。
 
まず、伝送する映像をIPカメラ水準で送る必要性について着目しました。
ワンフロア・マネジメントを推進するためには、カメラの台数は今までより多くしたい、しかしIPカメラの画像が鮮明なため、データ伝送量も当然大きくなります。この二律背反の状況を解決することが求められました。
 
解決策として、常時本部に伝送する映像と各店舗で録画する映像の画質の鮮明さを別々にすることで、回線の負荷を軽減しデータ伝達量を抑えることができました。
そして2013年には、必要なビューアなどソフト環境を統一、問題を解決し、最初に新店への導入が決定しました。
 
その後、既存店にも展開していこうという流れとなりますが、営業部とグループ技術本部の優先順位の違いという新たな壁が発生しました。
営業部は当然、厨房器具の改善など現在の店舗運営に直接的に資するものを優先的に考えます。私たちはIPカメラによる「ワンフロア・マネジメント」の長期的なメリットを訴え、営業部に理解を得る必要がありました。目的とメリットを根気強く伝えた結果、2014年以降は新店のほか改装を行う店舗には導入していこう、という営業部との合意が得られ、プロジェクトが無事にスタートを切りました。
 
このプロジェクトを通じて、技術ももちろん大切ですが、それ以上に相手の立場を考え、メリットを伝え、現場に理解してもらうことが必要だと学びました。独りよがりではなく、現場の想いに応えることが、最終的にお客様の喜びにつながっていくということを実感できた経験でした。