フェアトレード取り組み国

Africa

タンザニア

タンザニア

2009年より、キリマンジャロ山麓の生産者組合とコーヒーの取引を開始。社会開発資金で出産時の母子の命を守る取り組みを支援しています。

ルワンダ

ルワンダ

2011年よりチングワ地区の生産者組合とコーヒーの取引を開始。社会開発資金を使い、地域で不足している水道施設や小学校校舎の建設を支援しています。

コンゴ民主共和国

コンゴ民主共和国

2013年よりイギリスのフェアトレード団体TWINとの提携により、コーヒーの取引を開始しました。

ブルンジ

ブルンジ

2013年よりカヤンザ地区の生産者組合とコーヒーの取引を開始。内戦で夫を失った女性生産者グループをサポートするため、有機農業の推進を支援しています。

マラウイ

マラウイ

2013年よりマラウイ北部の生産者組合とコーヒーの取引を開始。社会開発資金で女性生産者支援と有機農業の推進を支援しています。

ウガンダ

ウガンダ

2011年よりウガンダ南西部の生産者組合とコーヒーの取引を開始。社会開発資金で、診療所や出産病棟の建設を支援しています。

ケニア

ケニア

2009年よりケニア山周辺で紅茶の取引を開始。社会開発資金で生産者が作業時に子どもを預ける託児所の修復などの支援を行っています。

Asia

インド

インド

2012年よりダージリン地方で紅茶を、2013年よりインド南部でコーヒーの取引を開始。社会開発資金で農園労働者の子どものためのPCルームや英語教室の建設などの支援を行っています。

スリランカ

スリランカ

2013年より日本のNGO団体パルシックとの提携により、ルフナ地方で紅茶の取引を開始。社会開発資金で有機農業の推進を支援しています。

東ティモール

東ティモール

2007年より日本のNGO団体ピースウィンズ・ジャパン、パルシックとの提携により生産者組合とコーヒーの取引を開始。社会開発資金を使い、古くなり収穫量の落ちたコーヒーの木の植え替えや、水道施設の建設など、支援を行っています。

パプアニューギニア

パプアニューギニア

2010年よりシンブ州にあるコンゴコーヒーとコーヒーの取引を開始。社会開発資金で難病の子どもを救うプロジェクトや小学校校舎の建設の支援を行っています。

ネパール

ネパール

2015年より紅茶の取引を開始。紅茶農園労働者の子どもたちのために奨学金制度を設立し、教育支援を行っています。

Central and South America

メキシコ

メキシコ

2010年よりメキシコ南東部チアパス州の生産者組合とコーヒーの取引を開始。社会開発資金で貯水タンクの設置や次世代を育てるための農業研修所プロジェクトに取り組んでいます。

ニカラグア

ニカラグア

2014年よりイギリスのフェアトレード団体TWINとの提携により、コーヒーの取引を開始。
社会開発資金で、生産量減少の原因となるコーヒーの木の病気への対策を支援しています。

コスタリカ

コスタリカ

2013年より生産者組合とコーヒーの取引を開始。社会開発資金で診療所や小学校の改修、コミュニティーセンターの整備などの支援を行っています。

ペルー

ペルー

2010年よりコーヒーとカカオの取引を開始。社会開発資金で図書室の建設や幼稚園の食堂の建て替え等の支援を行っています。

エクアドル

エクアドル

2011年よりマナビ県カスコル地域の生産者組合とコーヒーの取引を開始。社会開発資金で生産量減少の原因となるコーヒーの木の病気への対策を支援しています。

キューバ

キューバ

2012年よりコーヒーの取引を開始。資本主義の不具合への対抗として生まれたフェアトレード運動ですが、社会主義国とのフェアトレードは先進的な事例です。