企業統治の状況
(コーポレートガバナンス)

当社のコーポレートガバナンスについてご紹介します。

コーポレートガバナンス

当社グループは、「世界から飢餓と貧困を撲滅する」を企業理念とし、「世界中の全ての人々に、安全でおいしい食を手軽な価格で提供すること」を使命として掲げ、事業を展開しております。この理念及び使命の実現に向けては、当社グループの持続的な成長と中長期的な企業価値向上が必要であり、その基盤となる、透明・公正かつ迅速・果断な意思決定を行うガバナンスが必要不可欠と考えます。
ついては、常に最良のコーポレートガバナンスを追求し、その充実に継続的に取り組むために、「コーポレートガバナンスに関する基本方針」を2015年10月に制定いたしました。この基本方針は取締役会で決議され、今後も社会的要請や事業環境の変化に応じ、取締役会で定期的に見直してまいります。
また、当社は「コーポレートガバナンス・コード」に示された各原則について全て実施しており、開示要請事項を記載した「コーポレートガバナンス報告書」を2017年6月30日に東京証券取引所に提出しております。

コーポレートガバナンスに関する基本方針
[216KB/3ページ]

コーポレートガバナンス報告書
[100KB/11ページ]

なお、当社は、取締役会及び監査役会を設置しております。取締役会は独立社外取締役3名を含む12名の取締役で構成されております。当社のコーポレートガバナンス体制は以下の通りです。