安全・安心 ゼンショーの旅

お客様に安全・安心な食を召し上がっていただくため、原材料の調達から店舗に至るまでの各工程において、
ゼンショーでは独自の厳しい安全基準を設け、様々な取り組みを行っています。

調達

安全な食の根本は原材料の調達です。食材が安全でなければ、その後のどんな取り組みも意味をなしません。

調達

例えば牛肉であれば、牛の成育段階から、飼料、飼育管理、農場衛生などを事前調査します。米国やオーストラリアなどの国家認定プログラム※1に沿った内容に加え、独自の社内安全基準に沿って安全を確保しています。

※1 米国の「牛肉品質保証(BQA)プログラム」、オーストラリアの「家畜生産保証制度(LPA)」

調達

その後の食肉加工場においても、HACCP※2の手法を重視し、各国の国家基準と自社基準を踏まえた厳しい調査の上で、牛肉の調達を行っています。

※2 キーワード解説「HACCP」へ

調達

同様に、穀類や野菜においても、何の肥料・農薬が、いつ、どのように使われたかという記録を可能な限り現地に行って確認をしています。また残留化学物質、有害菌の検査も継続的に行い、その安全性を確保しています。

調達

製造

各地から調達された安全でおいしい食材は、工場で製造・加工されます。
工場では、従業員の衛生管理として、手洗いの徹底や、エアーシャワーによって髪の毛やほこりが工場に持ち込まれるのを防いだり、感染症などの病気にかかっていないか健康管理などを行っています。

製造

また、製造加工工程で、工程自体に異物混入の原因となる問題はないか、機材の破損はないかなどのチェックや、ふき取り検査による細菌検査なども行っています。

製造

これらの確認は、専門の社員が直接現地で確認し、安全管理を行っています。

製造

物流

食品が衛生的に、適切な温度で運ばれ、保管されることは、食材の品質を管理する上で非常に重要なことです。

物流

ゼンショーの社員が自社の安全基準をもとに厳しい定期検査・調査を実施しています。

物流

また食材を保管・配送する倉庫やトラック内は温度管理が徹底されており、常にフレッシュな食材を店舗に届けられるように管理されています。

物流

店舗

お客様に楽しい時間とともに安全でおいしい「食」を提供する店舗。

店舗

専門の社員が一つ一つの店舗を直接訪問し、ゼンショー独自の厳しい安全基準で、自主検査を実施しています。

店舗

食材の温度管理や消費期限の管理、服装や手洗い方法・回数のチェック、微生物のふき取り検査による店舗の衛生状態の確認など、数多くの項目を調査員が抜き打ちでチェックし、問題点はその場でフィードバックすることで、安全でおいしい食を常に提供できるよう管理しています。

店舗