野菜

野菜

安全でおいしい野菜を提供するため、
安全性の確認と品質管理を
徹底しています。

栽培

社員が買い付け前に産地を訪問し、栽培生産履歴、農薬の使用履歴などの調査を行っています。国で承認された農薬を使用しているか、希釈倍率は正しいか、散布量・散布回数は適切かどうかなど、記録をもとに確認。

産地を訪問

出荷前には自社の中央分析センターで残留農薬検査と放射線検査を、品質検査センターでは一般細菌数、大腸菌群、大腸菌、黄色ブドウ球菌などの検査を行い、安全性を確実なものにしています。

中央分析センター

カット工場

野菜は芯や変色部分を取り除いたあと、規定の大きさにカット。洗浄はバブリングと呼ばれる水流を利用した洗浄方法で、野菜についている異物などをしっかり取り除きます。そしてその後は異物の除去。下から光を当て、変色・異物や虫の混入を人の目でチェックして、丁寧に取り除いていきます。透過した状態でチェックするので、異物を見つけやすいのです。

透過した状態でチェック

選別後は、殺菌槽での洗浄。その後は殺菌成分が残らないようすすぎをしっかり行います。最後に水を切り、低温の状態で衛生的にパック。パック後は、金属探知機を通して、異物の混入を防ぎます。

すすぎ

他の食材を見る