食の安全へのこだわり

食べる物に、世界一臆病な企業でありたい

安全・安心でおいしい食を提供していくことが、ゼンショーグループの大切な使命だと考えています。

ゼンショーグループでは「食の安全」を経営の最優先課題にしています。お客様が口にする食材は、ただおいしいだけでなく、まず安心して食べていただけるものかどうかが重要だと考えるからです。

そのために「グループ食品安全追求本部」という専門部署を設置し、調達から店舗での提供に至る各工程において、現場での調査・検査などを毎日行い、「食の安全」を確実なものにしています。

安心 安全 ゼンショーの旅

虫めがねのマークをクリックすると詳細情報が表示されます。

調達

安全な食の根本は原材料の調達です。

  • 飼料、飼育管理
  • 農場衛生などの事前調査
  • 厳しい調査で原材料を調達
  • 残留化学物質、有害菌の検査
詳しくはこちら
製造

各地から調達された安全でおいしい食材は、
工場で製造・加工されます。

  • 従業員の衛生管理の徹底
  • 異物混入、機材の破損のチェック
  • 細菌検査
詳しくはこちら
物流

食材は衛生的に、適切な温度で運ばれ、
品質を保ったまま店舗に届けられます。

  • 厳しい定期検査・調査を実施
  • 倉庫やトラック内でも温度管理を徹底
詳しくはこちら
店舗

お客様に楽しい時間と共に安全で
おいしい「食」を提供する店舗。

  • 食材の温度管理や消費期限の管理
  • 服装や手洗い方法・回数のチェック
  • 店舗の衛生状態のチェック
詳しくはこちら

食材ごとの安全・安心管理

牛肉

牛肉

肥育農場や加工工場も社員が現地監査。各国基準より厳しい基準で、安全を確保しています。

お米

お米

主食であるお米。生育状況から収穫後の検査まで安全性を確認しています。

野菜

野菜

安全でおいしい野菜を提供するため、安全性の確認と品質管理を徹底しています。

たまねぎ

たまねぎ

安全でおいしいたまねぎを提供するため、安全性の確認と品質管理を徹底しています。

たまご

たまご

高い品質管理、衛生管理がなされた養鶏場やGPセンターから仕入れたたまごを使用しています。

魚

大切なのは「産地」ではなく「安全性」。検査だけに頼らない安全管理を行っています。

コーヒー豆

コーヒー豆

定期的に社員が生産地にて直接確認、日本到着後も徹底した品質管理を行っています。

※アレルギー表示については、各ブランドのWEBサイトでお知らせしています。