沿革:2011年-

2011年-

2011年2月 ZENSHO (THAILAND) CO., LTDを設立。
2011年5月 株式会社ゼンショー分割準備会社(現(株)すき家)を設立。
2011年10月 事業のグローバル展開のため持株会社体制に移行し、社名を「株式会社ゼンショーホールディングス」へ変更。
ZENSHO FOOD DE MEXICO S.A.DE C.V.を設立。
2011年12月 製造機能拡充のため、(株)GFFを設立。
2012年3月 ZENSHO FOODS MALAYSIA SDN.BHD.を設立。
2012年4月 障がい者雇用の推進および自立支援を目的として、(株)ゼンショービジネスサービスを設立。
畜産事業強化のため、(株)善祥園が十勝南ファームを取得。
2012年6月 事業の拡大を図るため、多聞フーヅ(株)の株式を取得。
2012年10月 自然エネルギーによる発電事業および電気の供給・販売を目的として、(株)ゼンショー・クリーン・エナジーを設立。
2012年11月 事業の拡大を図るため、(株)マルヤの株式を取得。
2013年4月 台湾善商股份有限公司を設立。
PT. ZENSHO INDONESIAを設立。
2013年5月 事業拡大および製造機能拡充のため、米国POCINO FOODS COMPANYを子会社化。
2013年6月 畜産事業強化のため、(株)善祥園が十勝幕別ファームを取得。
2013年10月 (株)マルエイの株式を取得。
2013年11月 (株)マルヤが(株)山口本店より小売事業を譲受け。
2013年12月 小売事業の一層の効率化を図るため、(株)日本リテールホールディングスを設立。
2014年1月 事業拡大を図るため、(有)介護サービス輝(現(株)輝)の株式を取得。
2014年3月 経営に関する意思決定をより迅速に行うため、(株)マルヤを株式交換により完全子会社化。
新規出店および既存店の改装等の設備投資資金として、267億円の公募増資を実施。
2014年6月 地域に根ざした店舗経営体制の確立のため、(株)ゼンショー(現 (株)すき家)を分割会社とし、(株)北日本すき家、(株)関東すき家、(株)東京すき家、(株)中部すき家、(株)関西すき家、(株)中四国すき家、(株)九州すき家を承継会社とする新設分割を実施。
2014年8月 事業拡大を図るため、(株)尾張屋の株式を取得。
2014年10月 (株)ゼンショー(現 (株)すき家)において、すき家事業への特化による事業強化・発展のため、「すき家」以外の事業(焼肉事業、うどん事業、ラーメン事業、カフェ事業等)を(株)エイ・ダイニング(当社の連結子会社)へ吸収分割により承継。
また、(株)ゼンショーを(株)すき家本部に社名変更。
2015年1月 米州事業の統括を行う、Zensho USA Corporationを設立。
2015年2月 生産部門の組織強化のため、(株)ゼンショーファクトリーホールディングスを設立。
2015年4月 当社グループ独自の電子マネーの導入を目的として、(株)ゼンショー・クーカを設立。
2015年5月 企業内保育施設の運営を行うため、(株)かがやき保育園を設立。
(株)グローバルフーズを(株)ゼンショー商事へ社名変更。
2015年6月 畜産事業強化のため、(有)水下ファームの株式を取得。
2015年7月 (株)エイ・ダイニングより焼肉事業を、(株)TAG-1(当社の連結子会社)へ吸収分割により承継。
(株)エイ・ダイニングよりカフェ事業を、(株)善祥カフェ(当社の連結子会社)に譲渡。
製販分離による機能強化のため、(株)トロナジャパンより、冷凍ピッツァ等製造事業を(株)TRファクトリー(当社の連結子会社)へ吸収分割により承継。
2016年1月 ZENSHO VIETNAM CO.,LTD.を設立。
2016年4月 はま寿司の京都府出店(436店舗目)による全国47都道府県への出店達成。
ZENSHO ICHIBAN MALAYSIA SDN.BHD. (当社の連結子会社)がラーメン、韓国料理事業を譲受け。
2016年7月 (株)かつ庵を設立。
2016年8月 ファストフード事業の一層の強化のため、(株)日本ダイニングホールディングスを設立。
2016年9月 (株)エイ・ダイニングよりうどん事業を、(株)久兵衛屋および(株)瀬戸うどん(当社の連結子会社)へ吸収分割により承継。
2016年11月 介護事業を運営する(株)ロイヤルハウス石岡およびシニアライフサポート(株)の株式を取得。
中国事業の統括を行う、泉膳(中国)投資有限公司を設立。
(株)日本リテールホールディングスが(株)フジタコーポレーション(現(株)フレッシュコーポレーション)の株式を取得。
2017年4月 (株)東京すき家よりすき家事業の一部を、(株)神奈川すき家(当社の連結子会社)へ吸収分割により承継。
損害保険代理店業務を行うため、(株)ゼンショー・インシュアランス・サービスを設立。
2017年6月 介護事業の一層の強化のため、(株)日本介護ホールディングスを設立。
2017年7月 (株)中部すき家よりすき家事業の一部を、(株)中京すき家(当社の連結小会社)へ吸収分割により承継。
(株)日本介護ホールディングスが(有)エンネルグの株式を取得。
2017年9月 ココスの鹿児島県出店(581店舗目)による全都道府県への出店達成。
2017年12月 (株)山田屋アタックより小売業を、(株)アタック(当社の連結子会社)へ吸収分割により継承。
2018年5月 ZENSHO JAPANESE RESTAURANT COMPANY PTE.LTD.を設立。
2018年10月 ZENSHO HONG KONG CO.,LTD.を設立。
2018年11月 Advanced Fresh Concepts Corp.の株式を取得。
(株)日本介護ホールディングスが(株)アイメディケアの株式を取得。
2019年1月 レストラン事業の一層の強化のため、(株)日本レストランホールディングスを設立。
2019年2月 東南アジア事業の統括を行う、ZENSHO SOUTH EAST ASIA HOLDINGS PTE .LTD.の設立。
マレーシア事業の統括を行う、ZENSHO HOLDINGS MALAYSIA SDN. BHD.の設立。
2019年5月 ZENSHO HOLDINGS MALAYSIA SDN. BHD.がTCRS Restaurants Sdn. Bhd.の株式を取得。
2019年8月 (株)ジョリーパスタを株式交換により完全子会社化。
2019年9月 ココス及びジョリーパスタ業態に関する事業子会社の統括管理事業を(株)日本レストランホールディングスへ吸収分割により継承。
2020年2月 (株)ココスジャパンを(株)日本レストランホールディングスを通じ、三角株式交換により完全子会社化。
2020年3月 すき家事業の経営のより一層の効率化を図るため、(株)すき家本部を存続会社とし、すき家地域会社9社を消滅会社とする吸収合併を実施し、(株)すき家本部を(株)すき家に社名変更。
2020年4月 障がい者の雇用推進や自立支援を目的として、㈱ゼンショーストアサポートを設立。
2021年3月 小売事業の更なるマネジメント強化を図るため、㈱マルヤを存続会社とし、その他4社(㈱マルエイ、㈱尾張屋、㈱フレッシュコーポレーション、㈱アタック)を消滅会社とする吸収合併を実施し、㈱マルヤを㈱ジョイマートに社名変更。